Countdown to TOJ

Day(s)

:

Hour(s)

:

Minute(s)

:

Second(s)

Haere Mai Taiko

Haere Mai Taiko – is a Japanese drumming group based in West Auckland. We were formed by The New Zealand Japan Society sixteen years ago, and we have focused on studying and performing taiko music ever since. Our songs are written and taught directly by our teachers from Matsuri Kobo in Japan. We performed for Taste of Japan every time to present this part of Japanese culture. It is our passion to share and show New Zealanders the art of taiko.

ハエレ舞太鼓はオークランドを拠点に活動している和太鼓チームです。2004年にニュージーランド日本協会の下で活動を開始して以来、熱心に太鼓の曲を習い、演奏してきました。私たちは主に、2011年から太鼓のご指導を受けているまつり工房の先生方によって作られた曲を演奏しています。Taste of Japanでは毎回この日本の音楽を披露してきました。これからもニュージーランドの人々に和太鼓の響きを伝えていきたいと思っています。

kotone

“Kotone” was made in April 2018. The Koto is a Japanese traditional instrument with 13 strings and pillars called “Ji” which tunes the strings to produce different tones. Today’s performance will be a medley connecting Japanese traditional nursery rhymes, and we hope some will recognize the melodies performed today. We hope you enjoy the performance, thank you.

琴音は、2018年の4月に結成致しました。

お筝は、13本の弦に柱(じ)を立てて、音を調弦して演奏します。

日本の童謡をつないでメドレーで演奏致します。どこかで聞いたことがあるメドレーが登場します。お楽しみに。

Awa Odori - 阿波踊り

Awa Odori is a 400-year-old dancing tradition that excites one million spectators in the Tokushima region of Japan.

This Awa Odori team called “ Auckland Ren” was firstly made in December 2018, performed 2 times in Japan day.   Come in your own kimono to celebrate Awa Odori.

阿波踊りは日本徳島県で約400年の歴史を持つ伝統芸能です。

この阿波踊りグループオークランド連は2018年12月に発足して、今までジャパンデーで2度踊ってきました。

Akane - 紅音

Akane is a trio playing Japanese traditional music for events and functions based in Auckland.
 
オークランドを中心にイベントなどで日本の伝統音楽(民謡、三味線、和太鼓、詩吟)を演奏している3人組です。

Auckland Tsugaru Shamisen 音緒-Neo-

Started as a group here in Auckland in 2015. Currently practicing and performing regularly with about 20 members.

Tsugaru shamisen is known as the largest in size and the loudest in volume among varieties of shamisen. Due to its very dynamic percussive sound, it is becoming very popular among the younger generation, especially those who are familiar with the rhythms of today’s popular music. We are trying to spread the spirits of Tsugaru by playing both traditional Minyo and fusion of Tsugaru and Modern music.

音緒(ねお)は2015年、オークランドで活動を開始した津軽三味線グループです。現在約20人のメンバーのもと、定期練習会の開催、パフォーマンス活動を行っています。

津軽三味線は数ある三味線の中でもサイズ的に最も大きく、大きな音が鳴ります。またドラムのようなパーカッシブな音を出せることにより、現在のモダンな音楽に親しみのある若者の間でも人気のある楽器です。私たち音緒は、津軽三味線のそのスピリットを幅広い世代の人々に伝えるべく、伝統的な津軽民謡のみならず、モダンな音楽とのフュージョンにもトライし、演奏活動を続けています。

Japanese Ladies Choir “SAKURA”

“SAKURA” is a female chorus group that has been active in Auckland for over 30 years We enjoy singing mainly Japanese songs regardless of genre. We also convey Japanese music through participation in events. We hope everyone who participated in the Taste of Japan will feel and enjoy Japan.

さくらはオークランドで30年以上活動を続けている女性コーラスグループです。日本の歌を中心にジャンルを問わず楽しく歌っています。またイベントへの参加を通して日本の音楽を伝えています。

Taste of Japan に参加された皆さんが日本を感じ、楽しんでいただければと思います。

Kanariya Eishi - Rakugo

Eishi began his rakugo training in 2016 under his master Kanariya Eiraku, and he is currently the only rakugo performer based in New Zealand.  Along with live stages, he also runs a YouTube channel (www.youtube.com/rakugonz) and teaches rakugo at Onehunga Community Centre.  The winner of Raw Comedy Quest at NZ International Comedy Festival 2005.

鹿鳴家英志(かなりやえいし)

2016年より鹿鳴家英楽師匠より英語落語を学び、現在ニュージーランドで唯一の英語落語パフォーマー。舞台活動と共にYouTubeチャンネル(www.youtube.com/rakugonz) を運営し、オネハンガコミュニティーセンターにて英語落語を教えている。2005年のニュージーランド国際コメディーフェスティバルの大会で全国優勝した経験を持つ。

Japanese for kids Himawari

Japanese for kids Himawari is run by teachers with experience in both Japanese and NZ Kindergartens and Day Care Centres.

The monthly curriculum tailored for each class means children can enjoyably experience Japanese culture, customs, and the Japanese language.

The curriculum is designed for children to naturally become confident in their knowledge of Japanese culture and the use of Japanese.

ひまわり保育室は、日本とNZでの幼児教育の経験豊富な保育士による保育グループです。

日本の幼稚園や保育園のような体験をしながら、楽しんで日本語、日本の文化や習慣などに触れられるよう、学期毎にカリキュラムが組まれており、こどもたちが自然に、そして喜んで日本語が使いたくなるよう、工夫された盛りだくさんの保育内容です。